心臓病予防に!気を付けるべき生活習慣3選

脂肪摂り過ぎ・塩分摂り過ぎに注意

肥満は万病の元。1日の摂取エネルギーを守ることは自分の健康にもつながりますよね。外食が好きな方、要注意です。1日のエネルギーや塩分、脂肪が摂取オーバーになりやすいです。全く外食禁止にしてしまうとそれがストレスになったりしてしまうので、外食する回数を決めたり、外食した日は家での食事を低脂肪、低塩分な食事にしたりして工夫しましょう。海藻や野菜たっぷりの食事を心がけ、食物繊維をたっぷり摂ると良いですよ。ハンバーガーやラーメンは高塩分、高脂肪なので注意しましょう。

血液ドロドロ防止。血管を丈夫にしよう

肉食が続くと血中のコレステロールが酸化したり血液がドロドロになって心臓に負担をかけてしまいます。血液は常にサラサラの状態にしておきたいですよね。アジやサバ、サンマなどの青魚は血液がドロドロになるのを防いでくれる作用があります。玉ねぎも血液サラサラになる食材で知られていますよね。トマトも抗酸化作用のある食材で、血中のコレステロール酸化防止の助けになります。積極的にこれらの食材をとって、血管を丈夫に保ち、心臓を守りましょう。

心臓病の大敵!歯周病を防ごう

歯周病のバクテリアが心臓病の原因となる事があります。口の中には10~50億のバクテリアが生息していて、食後20分のうちに食べかすが悪いバクテリアにより、歯垢に変わり、そのままにしておくと虫歯や歯周病になってしまいます。10~50億なんて想像できない数ですよね。1日2回以上は歯を磨いて口の中を清潔に保ち、心臓病のリスクを下げましょう。磨き方も重要で、歯と歯ぐきの間に45度の角度で歯ブラシをあてて、優しく30秒はじっくり磨き、歯ブラシでとれない歯の間の汚れはフロスを使うと良いですよ。

僧帽弁閉鎖不全症の主な原因はリウマチ熱で、急激な肺高血圧や肺うっ血による呼吸困難が典型的な症状です。

レーザー脱毛だけじゃない!脱毛の種類を選ぶ

どのような脱毛方法があるのか

露出が多くなる夏場だけでなく、女性にとって無駄毛の問題は365日気を付けたいものです。一方日常的に肌に剃刀を当てていた場合、皮膚も傷付いてしまいますから、体毛が気になる時は美容エステでの脱毛を視野に入れてみましょう。エステで脱毛した場合、効果は自己処理するより長期に渡りますので、頻繁に剃刀を当てる必要がありません。エステで受けられる脱毛にはレーザーだけでなくニードル脱毛や除毛クリームによる脱毛が存在していますので、お好みで選んでみましょう。

レーザー脱毛の強みとは何か

エステで永久脱毛コースを選んだ場合、多くの場合レーザー脱毛を受ける事になります。レーザー脱毛は一度で広範囲に渡ってレーザーを照射しますので、あまり時間がかからない脱毛方法ですし、何より幅広い部位に使用する事ができます。レーザーを照射するに当たって痛みが少ない点も嬉しいポイントです。またこうした脱毛は医療機関で受ける事になりますので、安全性が高いところも優れています。一方レーザー脱毛は少々お値段がはりますので、十分な費用を用意しておく必要があります。

ニードル脱毛でなければできない事

ニードル脱毛は細い針を使って毛根を焼く脱毛方法です。こうした特徴からニードル脱毛と言えば痛みが強いと思われがちですが、そうした点を超えたメリットも存在しています。一般的にレーザー脱毛は色素に反応して毛根を熱しますので皮膚の中でも黒い部分には照射できません。一方ニードル脱毛であれば、皮膚が黒ずんでいるポイントにも使用できますので、気になる細部を脱毛する上で優れた方法であると言えます。二つの脱毛方法を使いわけて素肌美人になってみましょう!

医療脱毛とはレーザーを使って毛を発毛させる指令をだす毛乳頭を破壊する医療行為のことで、二度と毛が生えなくなります。